グローバルな知恵で新たな価値創造へ! – グローバルナレッジ株式会社

GKI AIサービス (運送業編)

AI配車業務効率化システム「GKI - LOG」

GKI – LOGは、株式会社Logpose Technologies社が開発したAI自動配車アシスタント「LOG」とRPA連携し、トラック運送事業者の配車にかかる業務フロー全体をAIが支援する画期的なサービスです。

LOGは、車両・荷物・ドライバー情報などを基本情報として、様々な制約が存在する複雑な条件下における配車・配送計画を全自動で高速に作成することが可能なシステムです。

「LOG」の主な特徴は、以下の通りです。

機能特長① 複雑な制約を高速に処理

運送会社には配車マンと呼ばれる配車のプロが、膨大な荷物量に対して過去の経験を元に配車組みを行っています。

配車を行う際、ドライバーの勤怠管理や給与計算(走行距離が給与に反映する場合)、配送時間指定、車格指定など様々な制約を考慮する必要があり、多いと1日に数時間配車業務を行う場合もあります。経験を頼りに配車組みを行うため、属人的になりがちという業界課題もあります。本サービスはそういった複雑な制約条件を加味して、数十秒〜数分程度で最適な配車計画を出力することができるため、今まで配車マンが行っていた業務を効率化することができます。

また、データを入力するだけで結果が出力されるため、誰でも簡単に使うことができ、属人的な業務の解消にもつながります。

機能特長② 近くの車両と配送先をマッチングさせる最適化アルゴリズムを搭載

トラックを停めている拠点(車庫)と配送先(積み地/降ろし地)を近いところからマッチングさせるアルゴリズムを実装しているため、複数の拠点がある場合や複数の運送会社で配送先を割り振る場合などにも一括で最適な計画をたてることが可能となります。

当社は、Logpose Technologies社と連携をし、「GKI – LOG」として入力データの最適化や入力の自動化、結果出力を各ドライバー向けの配送指示書として、自動通知するなどの一連のオートメーションをサポートします。

「LOG」の概要図

GKI-LOGとしての利用例

LOGとRPAを連携することで、配車業務の自動化だけでなく、業務フローの自動化も可能にします。

お問い合わせ

GKI AIサービスの活用相談やご質問は
お問い合わせフォームより承ります。