グローバルな知恵で新たな価値創造へ! – グローバルナレッジ株式会社

セルフ・キャリアドックを活用した社員の活性化と価値創造経営へ

「人材開発」は、社員が自ら課題を見つけ、主体的に仕事に取組むモチベーションを高め、優れた成果を生み出します。
国家資格キャリアコンサルタントが社員の人材開発を支援します。

  • セルフ・キャリアドック導入に向けた経営者向けコンサルティング
  • 集合型キャリア研修
  • キャリアコンサルティング(従業員向け)
    ※費用は、対象人数や内容により別途見積もりとなります。

セルフ・キャリアドックの手法を活用し、企業(組織)の人材開発につなげます。
組織の規模、人材開発対象社員数に応じて、ワークショップとキャリアコンサルティングを組み合わせた貴社向けのプログラムをご提案します。
また、生産性向上や新収益獲得に向けたプロジェクトの企画・推進に向けたファシリテーションをお受けする事も可能です。

セルフ・キャリアドックとは?

~従業員の活力を引き出し、企業の成長につなげるために~

定期的なキャリアコンサルティングとキャリア研修など組み合わせて行う、従業員のキャリア形成を促進・支援することを目的とした総合的な仕組みです。

職業能力開発促進法第10条の3第1号では事業主は「労働者が自ら職業能力の開発及び向上に関する目標を定めることを容易にするために、業務の遂行に必要な技能及びこれに関する知識の内容及び程度その他の事項に関し、情報の提供、キャリアコンサルティングの機会の確保その他の援助を行なうこと」とされています。

つまり、セルフ・キャリアドックにより期待される効果をまとめると
  1. 個人(従業員)と組織(企業)の共生と発展
  2. キャリアパスの明確化と有効活用
  3. MBO(目標管理制度)との連携による相乗効果
従業員の仕事のやりがいや向上心が、人材の定着や活性化を通じて組織の活性化をもたらし、生産性を向上させることにつながります。

GKI 人材開発サービスの実施イメージ

具体的な実施例

幹部候補社員(中堅社員)10名を対象に、ワークショップとセルフ・キャリアドックを組み合わせて実施するケース

1.経営者との打ち合わせ

人材の開発目的、対象者の選考、ドックの内容を決定します。

キャリアコンサルタント(厚生労働省国家資格)と打ち合わせを行っていただきます。

2.対象者に対する開発手順

(1)キャリア集合研修

ガイダンスから始まり、各対象社員のキャリアコンサルティングの進捗段階に合わせて1~3回程度実施します。

  • キャリア形成の重要性と意義
  • セルフ・キャリアドックの概要と進め方
  • キャリアプランとキャリアデザイン
  • ワークショップ
    (複数の課題をグループワークを通して取り組んでいただきます。)

(2)各対象社員に対する目的や手順についてのガイダンス

  • 過去から現在までの自らの棚卸し(ジョブ・カード等の作成)
  • 現時点での『自己理解』と『仕事理解』を明確にするコンサルティング実施
    経営者に対するコンサルティング結果及び企業(組織)としての問題点や課題の指摘を行い、経営者の評価を受ける。
  • 今後のキャリアデザイン(目標等)とキャリアプラン(実施計画)の作成と評価
  • 進捗確認とフォロー

3.経営者とのまとめ

経営者に対するコンサルティング結果及び企業(組織)としての問題点や課題の指摘を行い、経営者の評価を受ける。

DX推進リーダー養成講座のご案内

「IT活用リーダー養成講座は、DX推進リーダー養成講座にリニューアル致します。

詳細は現在準備中です。

お問い合わせ

セルフ・キャリアドックの活用相談やご質問は
お問い合わせフォームより承ります。